2009年10月28日

発達障害かもしれないとお悩みの大人の方向けのサイト

ご自分が発達障害かもしれない
また、夫が・妻が・兄弟が発達障害かもしれないと
お悩みの方も多いことでしょう。

診断を受けるには専門の病院に受診するしかありませんが
インターネット上で自己診断したり傾向を知ることはできます。


これから、大人の発達障害を自己診断するサイトを見てみようと思います。

これらのサイトによる自己診断は、正確なものではなく、あくまで傾向をつかむためのものです。
結果がいろいろ出ると思いますが、必要以上に結果に左右されて思い悩むことのないようにお願いいたします。


http://www7.ocn.ne.jp/~k-goto/

ご自分でも『ADHDの一当事者』とおっしゃる、精神科医師のサイト

ご自身の生々しい(!?)体験や感じ方を交えて
自己診断法を説明してくださっています。

専門家の方なので、少々言葉づかいなと難しい面もありますが
共感できる部分がたくさん見つけられるサイトです。

専門家のサイトとしてはめずらしく
とても親しみやすいと思いました。

サイト運営者の人間性がよく出ていて、心を感じました。


http://sana0329.cocolog-nifty.com/silent_voices/cat1219494/index.html

もうひとつ、ご紹介したいのがこのサイトです。

こちらも専門家ですが、カウンセラーの方のブログで
大人用の問診票が紹介されています。

このサイト運営者の方は
いろいろなタイプのクライアントに接していらっしゃるようで
大人の発達障害診断についてのむずかしさにも
触れていらっしゃいます。


子どもと違い、大人は自分が診断結果を聞くことになります。
人によっては、その結果をどうしても受け入れることができず
つらい思いをすることになってしまいます。

診断した医師や心理士を疑ったり、恨みを持ったりするようであれば
その人にとって、診断するメリットはなにもない、と言える。

そのようなことを、このサイトの中で語っておられます。


ラベル:発達障害
posted by 育児は育自 at 15:22| Comment(6) | TrackBack(0) | 発達障害の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

発達障害・大人になって初めて気づくとき

発達障害は、最近ずいぶん世の中に認知されてきましたが
知らない人も大勢います。

また、実は発達障害を持っていたのだけれど
今になってようやくわかった、という場合も
かなりあるようです。

ニキ・リンコさんという作家の方のような例です。

ご本人は、ずっと生きずらさを感じてきた。
周りも、何か違和感を感じていた。
でも、それが何か分からなかった。


成人して
このような難しさを抱える人たちがいることを知って
初めて「自分もそうなのではないか」と
医療機関を受診するといったことが
よくあると聞きます。

子育てをしていて
自分の子供に「ひょっとして…」と
診断を勧められたことで
母である自分も同じだったと
わかったというパターンもあるそうです。


程度により
支援を受けられることもあるようですね。

先日ご紹介した
「きらっと生きる」に出演されていた方の場合は
自治体やボランティアのサポートを
受けていらっしゃいました。

だた、どこでもこのように
支援が受けられるわけではないようです。

発達障害を持つ大人は、子供より
支援を受けるのが難しいのが現状のようです。

posted by 育児は育自 at 01:36| Comment(10) | TrackBack(0) | 発達障害の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。